ガソリン代を節約するにはどうすれば良い?クレジットカードは必須?

「通勤通学のため」、「出掛けることが好き」などの理由で自家用車を購入する人は多いです。

理由は様々でも、共通の悩みとなってしまうのが「ガソリン代」です。

車って行きたいところにいつでも好きなときに、そして快適な空間で移動することができて魅力たっぷりではあるのですが、その原動力になるガソリンって高いんですよね。

遠出はしたいものの、ガソリン代のことを考えてなかなか行けない方もいるでしょう。

そこで、ガソリン代の節約方法をご紹介します。

ガソリン代の節約方法①:積み荷の削減

普段車にどれくらいの荷物を乗せていますか?

ただ運転するとき用の靴だったりティッシュやゴミ箱などの必要最低限なものだけを置いている人がいる一方で、普段使わないような折り畳みの自転車だったり仕事で使う道具をそのまま乗せているなんて方もいるのでは?

実は車に積み荷を多く乗せているだけでも車の重量が増え、燃費を悪くしてガソリン代が高額になる理由です。

必要なものは除いて、普段不要なものは降ろす習慣を身に付けてみては?

ガソリン代の節約方法②: 適正なタイヤの空気圧の維持

いくらガソリン代が安く押さえたくてもなかなかガソリン代が押さえられない、そんな方に多いのが「タイヤの空気厚の確認不足」です。

特に冬タイヤや夏タイヤへの交換の時期に忘れている方も多いのですが、実はタイヤの空気厚が合っていないと無駄にガソリンを使ってしまうので本来の燃費よりもぐっと落ちてしまうのです。

タイヤの空気厚ってガソリンスタンドやディーラーで無料で見てもらえるものなので、きちんとチェックしておきたいですね。

ガソリン代の節約方法③:目的地への最短ルート設定

車を運転するときって、とにかく大通りを通っておけば間違いないと思っていませんか?

確かに間違いではないのですが、実は大回りをしていてガソリンを無駄に使っていた、なんてこともよくあるのです。

同じ場所につくとしても、ガソリン代の節約のために最短ルートを設定しましょう。

例えばナビを使ってみたり、もしナビがない車であればスマートフォンのアプリの音声案内に従いながらでも良いです。

つく時間も早くなりますし、ガソリン代も節約できるし一石二鳥ですよ。

ガソリン代の節約方法④:ガソリンを満タンにしない

先ほど「車の重量が重たいと燃費が悪くなる」というご説明はしましたよね。

実は積み荷だけではなくガソリンの重さも同様で、多くいれてしまえばしまうほど燃費が下がってしまうのです。

とは言ってもいつもギリギリの量となると車にも良くありませんから、半分くらいの量でキープしておくと良いでしょう。

半分ほど入っているだけでも十分車は走りますから、満タンまでしなくても十分です。

安いとついつい入れすぎてしまいますが注意しましょう。

ガソリン代の節約方法⑤:無駄なエアコンをつけない

外が暑かったり寒かったりするとついつい使ってしまうのがエアコンです。

確かに車の中だけは快適に過ごしたいですよね。

ですがそれもガソリン代の節約には大敵です。

そのため、車に乗るときには基本的にエアコンはつけずに、暑いのであれば窓をあけるようにしてみたり、寒いのであればブランケットを持ち込んでみたり上着をもう1枚用意しておくなど工夫をしましょう。

それだけでも燃費は大きく変わりますし、ガソリン代も節約できますよ。

ガソリン代の節約方法⑥:エンジンオイルのこまめな確認

エンジンオイルって、半年に1回または5000kmに1回は交換した方が良いってご存じですか?

走っているうちにエンジンオイルも汚れてしまいますので、そのままにしておくと車の動きを悪くしてしまいます。

そうなれば、もちろん燃費も悪くなってしまってガソリン代もかかります。

実際にオイル交換をしてからは平均燃費が良くなったなんて方も多いですから、ディーラーやガソリンスタンドでおすすめされたら受けるようにしましょう。

まとめ

ガソリン代の節約って車の知識がないとできないもの、難しいものというイメージが強いです。

ですが実はそんな難しいものばかりではなくて、なんの知識もテクニックもいりません。

用意するものもほとんどないですし、日頃のちょっとした心がけから簡単にガソリン代は節約することができます。

すぐに実践できるものばかりですので、もしガソリン代を節約したい、もっといろんなところに行きたいという方は、試してみてはいかがでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *